10の破壊的トレンド

ビジネス・ウィーク誌が取り上げた今日的な破壊的イノベーションの事例はそれぞれ確かにそう思わせるものばかりである。しかし、個々の新しい技術やビジネスモデルだけに注目しても、時代の変化を示唆する大きな潮流(トレンド)は分かっているようで、つかみきれていない場合が多い。また、一見、全く異なるテクノロジーだと思われているものが、実は、同じトレンドの中の現象として捉え直すと、より理解が深まるにも関わらず、気づかれないままになっている場合もある。

毎日、ニュースやブログを流れる膨大な情報だけを流し見ているだけでは、情報オタクには成り得ても、その情報が持つ価値を十分に捉えきれない場合がある。しかし、あるトレンドの存在を仮説として置きながら、多くの情報を定点観測的に見続けて行くと、個々の情報が時代の変化の中でどういう位置づけを持つものなのかが見えてくると私は思っている。

また、技術やビジネスモデルのイノベーションは、それら自体が単体で生きながらえるものではなく、それらを利用する人(ユーザー、消費者)のプリファレンス(preference)に支えられている。ビジネス・ウィーク誌も破壊的イノベーションとして取り上げた「セカンドライフ(Second Life)を開発している米国のリンデンラボ(Linden Lab)社のCEOであるフィリップ・ローズデール(Philip Rosedale)は、2003年にセカンドライフを発表する以前にも、仮想世界のサービスを展開しようとベンチャー・キャピタリストに提案している。しかし、仮想世界というアイデアは陳腐なものだし、当時の半導体やネットワークのテクノロジーのレベルではユーザーを満足させられるほどのパフォーマンスを出せなかった。つまりユーザーのプリファレンスを満足させることができなかったのである。現在では、ITを支える半導体のスピードや容量、ブロードバンド回線速度やバンド幅が潤沢になり、ユーザーのプリファレンスを満足し得る環境になってきた。ユーザーは自由に自己表現を行い、見知らぬ人とネットワークを介してつながり、短時間で膨大な知識を身につけることが可能となった。ユーザーのプリファレンスを満足できるほどにテクノロジーが進化したことで、ユーザー主導(ユーザー・エンパワーメント)を前提としたサービスが次々と登場している。

そこで、私は、数多くの破壊的なイノベーションの登場とその背景にあるユーザー・エンパワーメントの時代変化を「破壊的トレンド」として捉えて見たい。
いくつかの破壊的なトレンドのキーワードを仮説として立て、その中で米国のIT系のテクノロジーの事例をできるだけ紹介することで、仮説的に立てた破壊的トレンドのキーワードを検証していきたい。

個々の破壊的トレンドの解説は、事例の紹介とともに追々行うとして、まずは次の10のキーワードを破壊的トレンドとして仮置きしたい。

「ダイレクト(Direct)」

「フリー(Free)」

「クラウドソーシング(Crowdsourcing)」

「プレゼンス(Presence)」

「ウェブオリエンテッド(Web-Oriented)」

「ヴァーチャル&リアル(Virtual and Real)」

「ビデオ(Video)」

「ユーザー・インターフェイス(User Interface)」

「サーチ(Search)」

「セマンティック・テクノロジー(Semantic Technology)」

の10のキーワードである。

数ヶ月かけて解説していくつもりであるが、その途中で仮置きしたキーワードを置き換える場合もあるので、その際はご容赦願いたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。