オフラインでも「ダイレクト」

当たり前のことだが、ユーザーがネットと「ダイレクト」につながるのは、オンライン環境の場合だ。でも、今から飛行機に搭乗しなければならないときなど、何らかの事情で一時的にオフラインになってしまう場合に、折角の「ダイレクト」な関係が白紙になってしまったら、ユーザーもネット側も困ってしまう。オンラインの状態からオフラインになっても、ユーザーが使っているアプリケーションには変化はないシームレスな関係が望まれるところだろう。

米国でエマージング・テクノロジー(Emerging Technology、革新的な新興技術)を披露する場として定評のあるデモ(DEMO)というイベントがある。2007年1月のDEMOにおいて、アドビ・システムズ(Adobe Systems)が研究中のアポロ(Apollo)と呼ばれる新たな開発環境を披露するデモが行われた。そのデモでは、米最大のオークションサイトであるイーベイ専用のアプリケーションが紹介された。普通、イーベイを利用する人は、ブラウザを起動させてブックマークしていたイーベイのサイトに飛ぶのが普通だが、アポロを使うとPCのデスクトップ上にイーベイ専用のアイコンが現れ、それをクリックするだけでイーベイ専用のアプリケーションが起動する。デモでは、任天堂ウィー(Wii)をオークションで競り落とす実演が行われた。そこで、PCをオフラインにした状態で、DEMOの入場者パスを出品する作業が行われた。これまでのブラウザであれば、オフライン環境になった状態で、出品する物の写真をアップしようとすると、「サーバーが接続されていません(Server not found)」などの表示が出ることになるが、アポロを利用して作られたこのアプリケーションは、オンラインかオフラインかの違いを感じさせない。このアポロは、HTML、JavaScript、AjaxやFlashなどの既存のWeb技術を用いて開発できる環境であり、WindowsやMac OSでも稼働するクロス・オペレーティングシステム対応である。2007年6月にエアー(AIR: Adobe Integrated Runtime)という正式名称になったが、まだアドビ・ラボで開発中である。2007年内に正式にリリースされる予定だ。

ユーザーとコンテンツを「ダイレクト」に結ぶウィジェットをこのアポロを活用して、オンライン、オフラインでも利用できるプラットフォームも開発されている。サンディエゴにあるグーウィー・メディア(goowy media)からリリースされているユアーミニズ(yourminis)がそれだ。ユアーミニズを使うと、オンライン環境下でのウィジェット、オフラインのローカル環境下でのデスクトップ・ウィジェット、ブログ用のウィジェットがシームレスに利用できる。ブラウザで利用していたウィジェットをデスクトップに簡単に移動することができる。

別の機会で書きたいが、エンタープライズ分野では、「ソフトウェアかサービスか」というような選択的意見や「ソフトウェア・プラス・サービス」のような複合的意見がある。いずれにせよ、ユーザーが、オフラインか、オンラインか意識せずに、ネットと「ダイレクト」につながる環境は今後のトレンドになるだろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。