ユーザー・エンパワーメントの視点で気軽に「プレゼンス」

ネット上での友達といっても実際に会ったことがない人が多く、なかなか自分のテイストにぴったり合った人には出会えない。トゥイッターやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)でたくさんの友達登録をしても、実際、友達から送られてくる「プレゼンス」情報のほとんどはあまり必要ないものばかりというのが現実である。そんな現状に注目してできたのが「タンブラー(Tumblr)」だ。

タンブラーは、同じ考えを持つ50人程度の仲間の間での情報を共有するようなスクラップブックのイメージである。テキスト、写真、記事引用、他のサイトへのリンク、動画など、自分が気に入ったものを見つけた場合に、ブックマークレットと呼ばれるボタンを押すだけで、簡単に投稿できるようになっている。携帯からもテキストや写真を投稿できる。自分がちょっと関心をもった写真や記事などの「プレゼンス」情報を自分の記録用だけでなく、友達に簡単に知らせることができる。また、これらの友人との間でのチャット機能もある。

情報を投稿するツールとしてはブログがあるが、ブログにはいろんなテンプレートが充実してきたとは言え、まだエントリーの作成や投稿は、ユーザーフレンドリーとは言えない。タンブラーを開発した米デビッドヴィル(Davidville)代表のデビッド・カープは、ユーザー・エンパワーメント(user-empowerment)の観点からタンブラーを開発したという。ユーザー・エンパワーメントとは、例えば、インターネット上のサイトを構築する際に、サイトを作る側の視点だけでなく、ユーザーの使いやすさ分かりやすさに主眼を置くという、ユーザーの使い勝手を重視する考え方を指している。デビッドは、プロジェクショニスト(project.ion.st)という名のサイトを発見し、このサイトを開発したエンジニアに了解を得た上で、半年かけてこれを改良し、ユーザー・エンパワーメントの視点でタンブラーを開発するに至ったという。

タンブラーは、テキストから動画まで、コンテンツの種類を問わずに自分が今気になった情報を簡単に友達とシェアできるツールである。「プレゼンス」情報は、頻度多くネット上に行き交うものなので、コンテンツがリッチであろうとも、ユーザー・エンパワーメントの視点で「プレゼンス」を簡単に表現できるプラットフォームを構築するというのは重要な視点だ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。