セカンドライフを超えて

セカンドライフは900万人以上のユーザーを抱え、日本では企業の進出や新たなサービスの登場などますます熱い報道が続いているが、米国では、セカンドライフをやや冷ややかに扱う論調も見られるようになった。

2007年6月、米ビジネスウィーク誌は、「セカンドライフを超えて(Beyond Second Life)」という記事を掲載し、仮想世界のことをより研究している企業は、セカンドライフ以外の仮想世界の方が、セキュリティが高く、フレキシブルであることを理解し始めていると報じている。

例えば、米ウエールズ・ファーゴ銀行(Wells Fargo)は、2005年9月にセカンドライフに進出した「老舗」であるが、セカンドライフから撤退し、3D仮想空間プラットフォームを提供するアクティブワールド(Activeworlds)に依頼し、カスタマイズ可能な独自の仮想世界を構築することになった。その理由は、セカンドライフ内で 若者やテクノロジー好きのユーザーを引きつけ、銀行業務について情報提供するという目的が十分に果たせなかったという。

スタイリッシュなホテル設計に対してユーザーからのフィードバックを得ることを目的に、2006年夏にセカンドライフに華々しく進出したスターウッド・ホテル&リゾート(Starwood Hotels & Resorts)も、セカンドライフから撤退準備中だ。セカンドライフに進出してみて分かったことは、アバターは睡眠を取らないので、仮想ホテルというのが意味をなざず、また、アディダスやGMが靴や自動車をセカンドライフ内で販売するのと異なり、モノを販売する訳ではないので、あまりアバターの関心を引かなかったという。

セカンドライフを客観視し始めたのは、「老舗」だけではない。新参者のコカ・コーラは、セカンドライフ内で「バーチャル・サースト・コンテスト(Virtual Thirst Contest)を企画し、仮想空間の自動販売機の設計に関してアイデアを求めていたが(採用者には賞金50万リンデンドル)、2007年5月に閉鎖することになった。今や、コカ・コーラは、セカンドライフだけでなく、マイ・スペース(MySpace)やデリシャス(del.icio.us)やフリッカー(Flickr)やユーチューブ(YouTube)などのいわゆる他のウェブ2.0企業を通じても、自動販売機のデザイナーを見つけることができるのである。

セカンドライフ以外の仮想世界を選択する企業も増えている。ディズニー(Disney)は、世界最大の仮想世界であるハボ(Habbo Hotel)の製作企業であるフィンランドのスレーク(Sulake)の開発者を雇い、バーチャル・マジック・キングダムを製作するとしている。ハボは世界最大の仮想世界というだけでなく、米流通大手のウォールマート(Wal-Mart)やターゲット(Target)など、セカンドライフに進出していない企業が利用している。

リンデンラボ以外にも仮想世界の構築技術を提供する企業は多く、それぞれの特色をPRしている。ソフトウェア企業のフォーテラ(Forterra)は、軍事や医療関係者などに対して、これまで不可能と思われていた顧客訓練、共同作業の練習ツールとしての利用を呼びかけている。

ジョンソン&ジョンソン(Johnson & Johnson)やノバルティス(Novartis)などの大手企業を顧客に抱えるプロトンメディア(ProtonMedia)は、新製品の顧客へのPRや企業ブランド・イメージの構築用のツールとして、プロトスフィア(Protospheres)を提供している。

クワック(Qwaq)は、アバターどうしが議論し、同時に書類を吟味したり、VoIP(インターネット電話)を利用したりすることのできる3Dのオンライン仮想会議ツールを提供する。ヒューレット・パッカード(HP)やインテルもユーザーになっている。仮想世界のテクノロジーは、CtoC(ユーザーどうし)やBtoC(企業対顧客)ツールとしてだけでなく、ビジネス内での教育訓練やコラボレーション・ツールとしての利用も進んでいるのである。

2007年7月のLA Timesの記事でも、セカンドライフ内に進出した企業のSIM(島の単位)は閑散としており、メディアでブームになっているにも関わらず、セカンドライフへの進出を躊躇する企業が現れていると報道されている。確かに、セカンドライフを使ってみると、企業が作成するコンテンツの生真面目さ(正直あまり面白くない)や、SIMに一定以上のアバターが存在できないという技術的制約により、閑散としているという点は認めざるを得ない。
しかし、セカンドライフは、IT環境がさらに潤沢になるとともに発展する可能性を秘めており、また、仮想世界はセカンドライフだけでもない。一時的な現象だけで、将来を断定してしまうのは早計だろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。