オンライン動画編集サイトでUGM製作

セカンドライフに進出している大企業が製作したコンテンツがありきたりの内容でつまらなく、名もないユーザーがアイデア凝らして製作したコンテンツの方が面白いという現象はよくある。これと同じで、動画配信も大手配給会社が提供している著作権で保護された映像よりも、ユーザーがリミックス(素材の再構成)してアップロードした映像の方が面白いことがある。

製作したUGM(ユーザー生成メディア)を公開できる場所は、 ユーチューブ、ヤフービデオのような動画共有サイトから、ブログ、SNSに至るまで急増した。では、UGMをどうやって製作するかと言えば、動画編集専用のソフトウェアを使うというのがこれまでのパターンだろう。しかし、ここに来て、UGM製作環境をオンラインで提供するプラットフォームが次々に登場してきた。いずれも無料のサービスである。

2007年6月、ユーチューブは、アドビの動画編集ソフトであるプリミエール(premiere)のSaaS(Software as a Service)版であるプリミエール・エキスプレス(premiere express)をベースにしたユーチューブ・リミックサー(YouTube Remixer)をベータ版で提供した。これは、自分が撮影した写真や動画を素材にして、ドラッグ&ドロップの簡単な操作で、エフェクトを付けたり、吹き出しを入れたり、場面転換を使ったりすることができるものだ。また、出来上がったリミックス・メディアをユーチューブやDVDやiPodなどを使って公開、共有することができる。

実は、このようなオンライン動画編集サイトには、優良企業が既に参戦している。2005年にサンディエゴを拠点に設立されたアイスポット(Eyespot)は、簡単な操作で、トリミング、各種エフェクト、音楽編集などの機能を提供し、使える動画や音楽も用意されている。また、リミックスされた動画は、ライブジャーナル(Livejournal)などのブログやベオ(Veoh)などの動画共有サイトに公開することもできるし、アイスポット内に設けられたグループページで共有することもできるという、ソーシャルな機能も持っている。そして、2006年9月にヤフーから買収されたジャンプカット(Jumpcut)も、このアイスポットと同様の機能を持っている。

いわゆるこのような「ビデオ版フォトショップ(Photoshop)」のニーズはますます高まるであろう。今は、動画にテキストのタグを付けてフォークソノミーとしての利用が進んでいるが、今後、動画の内容自体を自動的に識別してインデックスを付与する技術や、リミックスをする際に、動画の内容を把握して必要なファイルを検索したり、動画どうしのパターン・マッチングさせたりすることのできる技術の開発が待たれるだろう。テキストを編集加工するワードプロセッシング技術が登場した後、爆発的に電子文書が作成・編集・保存されるようになった。それに伴い、テキストの検索技術やファイル管理技術が進化した。ビデオ(動画)についての技術進化はまだこれからだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。