学校や旅行に、スマートペン

これまでアナログであったデバイスにデジタル処理の機能を与えると、スマートなインターフェイスを持つデバイスに生まれ変わる。そういう面白い取り組みをしているのが、米ライブスクライブ(Livescribe)である。

同社は、2007年1月に成立されたばかりの会社であるが、2007年5月末にウォール・ストリート・ジャーナル紙が主催し米カールスバッドで開催された「D : ALL THINGS DIGITAL(D5)」というイベントで一躍その名が知られるようになった。このイベントで説明に立った同社の創業者兼CEOであるジム・マーグラフ(Jim Marggraff)は、紙とデジタルのギャップ(溝)を埋めるのが目的であると述べつつ、同社のプラットフォームであるスマートペン、ドット・ペーパー、ソフトウェア・アプリケーション、開発ツールを紹介した。

これまでに、ジム・マーグラフは、おもちゃ会社のリープフロッグ(LeapFrog)でフライ・ペントップ・コンピュータ(FLY Pentop Computer)を開発してきた経験を持つ。また、彼は、フライ・ペントップ・コンピュータにもライブスクライブにもデジタルペンの技術を供与しているスウェーデンのアノト(Anoto)のCEOを務めていた。

実際、万年筆ぐらいの太さを持つライブスクライブのスマートペンには、2つのマイク、スピーカー、ピクセルバー(pixel bar)と呼ばれる小さなディスプレイが備わっている。専用のドックを利用することで、PCからデータやソフトウェアの転送もできる。

ライブスクライブが提供しているスマートペンの使用イメージとしては、例えば、大学での授業で教授が板書しながら解説しているときに、このスマートペンを使ってノートに書いておく。授業が終わった後で、ノートに書いたある部分をペンでタップすると、その部分を書いていたときの教授の解説が音声で流れてくる。また、このノートをPCに取り込んで、メールで友人に送ることもでき、授業に出席していない友人も教授の解説が聞ける。

他の使用例としては、外国旅行先でタクシーに乗って、空港に向って欲しいと運転手に伝えたい場合、このスマートペンでノートに「To airport please」と書いて、ペンでタップすれば、その土地の言語に翻訳して「空港に行って下さい」としゃべってくれる。

ライブスクライブは、このスマートペンを、2008年第一四半期までに200ドル以下で提供するという。実際に手に取ってみるのが楽しみである。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。