まだまだ開発余地のある画像・動画検索

現在よく利用されている検索技術の対象はテキスト(文字情報)である。グーグルのイメージ検索やユーチューブの映像検索は、画像や動画の内容自体を把握して検索しているのではなく、画像や動画に付されているタグ情報やメタデータを検索しているに過ぎない。

IT環境が潤沢になる中で、ネットの大海に画像や動画が溢れている。これらのリッチな情報の中身に踏み込んで検索できる技術が確立されれば、情報の利活用の第二の波が来るかもしれない。今、画像や動画の検索技術の開発競争が本格化しつつある。

2006年11月にローンチしたライク(Like)は、10万枚以上のセレブ達の写真を掲載し、画像検索技術を用いて、セレブの持っているハンドバック、アクセサリー、靴、時計などの持ち物と似た商品をユーザーに勧めるサイトである。勿論、セレブの持ち物情報からだけではなく、紳士用腕時計などの商品情報を選択し、更に色や形を指定して商品を絞り込むこともできる。最終的に選んだ商品をクリックすると、アマゾンなどのショッピング・サイトに飛ぶようになっている。

ライクを運営する米リヤ(Riya)は、元来有していた人間の顔認識の技術を発展させ、似ている画像の検索を可能にする技術(visual signature)を開発している。この技術を使えば、画像を数学的に処理して1万種類の指数が得られ、その指数の相当数が一致すれば、画像が似ていると判断するという。ライクには、ベイ・パートナーズ(Bay Partners)、ブルーラン・ベンチャーズ(BlueRun Ventures)、リープフロッグ・ベンチャーズ(Leapfrog Ventures)などが1950万ドル投資している。現在、ライクの商品売上げ規模は年間1200万ドルであり、毎月のユニークビジター数は約100万に上る。

この画像検索技術は、利用が進むウィジェット内でも活用され始めた。人気の写真ウィジェットを提供するロックユー(RockYou)は、ライクの検索結果をウィジェット内に統合した。これにより、SNSのページを訪問したユーザーが、写真中の友人が着ている服と似た服を買いたくなれば、クリック一つで購入できるようになった。

動画検索では、ブリンクス(Blinkx)の技術が興味深い。2004年に設立されたブリンクスは、今では200以上のメディア企業と提携し、1400万時間分の動画を検索可能な状態に置いている。同社の技術は、他の検索サイトのようにテキスト情報で検索するのではなく、音声認識技術や動画分析ソフトウェアを利用しているという。同社の技術の源泉はケンブリッジ大学での研究であり、以後、1億5千万ドルもの研究開発資金が投入されて、現在の同社の技術は111の特許で保護されている。ブリンクスは、現時点では、世界最大のリッチ・メディア・コンテンツのインデックスとなっている。同社は、2007年5月にロンドンにてIPOを果たした。

画像や動画の検索技術は、まだ未成熟であり、まだまだ開発の余地がある分野である。一刻も早く開発競争の首位に立ったものが、次代の覇者になるかもしれない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。