ブラウザもセマンティックに

セマンティック技術は、ウェブサイトのブラウジング(閲覧)の最中にも生かせることができる。ユーザーがサイトの中で何の情報を眺めているのかが分かれば、その次に適切なリンク先にユーザーを誘導することができる。

アダブティブ・ブルー(AdaptiveBlue)のスマートリンク(SmartLinks)は、ユーザーが、映画、音楽、俳優、アーティスト、株価、レストラン、ワイン、映像、レシピなど、何の情報を見ているのかを判別する。サイト内のブルーの小さなアイコンをクリックするだけで、例えば、私がアルバムの情報を見ているとすれば、セマンティックにその情報を解析し、その内容が音楽に関する情報であると判断する。すると小さなアイコンをクリックするだけで、アマゾン、アップル・アイチューンズ、ラストエフエム(Last.fm)、ラプソディー(Rhapsody)などの音楽試聴・購入サイトへ誘導してくれる。

スマートリンクを利用するなら、ファイアーフォックス(Firefox)の機能拡張としてブルーオーガナイザー(BlueOrganizer)をダウンロードすればよい。同社は、ブルーオーガナイザーをスマート・ブラウジング技術と呼んでいる。また、ブルーオーガナイザーは、解析エンジンがユーザーの閲覧履歴を考慮するように設計されているため、ユーザーが利用しないサイトには誘導しない。ブルーオーガナイザーは、特定のサイトを深く閲覧する人にはあまり必要性は生じないかもしれないが、多様なサイトを閲覧する人にとっては、非常に便利であろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。